Sentimental History blog

センチファン「エルウィン」のブログです。 他にもゲームや鉄道、その他気の向くまま日記をつづる予定‥。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

BE-YONDとか

ren-1.jpg

前回に引き続き、今回のイラストもelfゲームです。
BE-YONDの主人公(魔王)のシモベ、レン。主人公を「マスター」と呼び付き従う少女です。
白い尾がチャームポイントでしょうか。BE-YONDはSFコメディ的な作風で時折シリアスなシーンもあり、楽しいゲームでした。
主人公が記憶喪失で庶民的な性格、かつて銀河を震撼させた魔王という設定も面白いです。

ラストのシューティングの難易度が高くて苦戦しましたが‥。
PC98版は14年前、Win版は10年前のゲームです。

今回のイラストは練習も兼ねて宇宙空間の背景にしました。BE-YONDの作風的にも合っているはずですので。
星や星雲、銀河の描き方など、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した写真を参考に色々試しています。

スポンサーサイト

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

イラスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

elfヒロインズ

elf-1.jpg

elfのゲームで特に好きだった三人のヒロインです。
左から高部絵里(臭作)、波多乃神奈(この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO)、榊美由紀(遺作)。三人とも美人で、どこかミステリアスな雰囲気を感じました。

90年代のelfは神ゲー連発で退屈しませんでしたね~。
やはり一番好きなのは「この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO」でしょうか。
セガサターン版とPC98版があり、リメイクを期待したい‥ところですが、先日発売されたPSP版EVEのようになっても困りますので、結局思い出は心の中に‥となりますか。

「臭作」はゲームの趣旨はアレなんですが、ゲームシステムとしての完成度は12年前のゲームとしても高いですね。

「遺作」のように密閉された空間からの脱出を目的とするゲームは一時期流行りました。
これが中々一筋縄ではいかないものの、その適度な難易度がまた攻略の意欲に直結します。

とはいえ最近はあまり難易度の高いゲームはくたびれます。
歳のせいかもしれませんね(苦笑。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

イラスト | コメント:0 | トラックバック:0 |

せがた三四郎 シリーズ最初から最終回まで



何とも懐かしい動画を見つけました。
1996年~98年頃のセガサターンのCMで、有名な(?)「せがた三四郎」が大暴れしています(笑。
サクラ大戦のCMはちょっとアレですが(笑)、色々なバージョンがありますね。
初めて見るのもいくつかあります。

そういえば白いサターン本体は1996年以降生産でしたっけ。
私のは95年購入でグレーのサターンですが、今でもたまに起動します。
数年放置すると電池が切れますが、自分で交換できますので。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:ゲーム

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

森井夏穂の誕生日

kaho-10.jpg

今日4月19日はセンチヒロインの一人、森井夏穂の誕生日です。
誕生日おめでとうございます。

2010年の夏穂の誕生日イラストは、太陽のまぶしい青空の下、バトンを手に見下ろす構図。
センチヒロインで気丈で活発な女の子は、皆スカートが短いですね(笑。

センチ関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |

JR北海道 特急の展望室を廃止

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100416-00000002-maip-soci

キハ281系、283系、261系などの特急車両の先頭車両に設置されている展望スペースを立ち入り禁止ですか‥。前面展望を楽しめるため、好評なんですけどね。
130km/h運転の生の前面展望はDVDで見るよりも迫力があり、密かな楽しみでもありました。残念です。せめて最後尾車両の展望スペースは開放しても良いと思いますが‥。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ガンダムカフェ?

ガンダムオフィシャルカフェが秋葉原駅前に4月24日オープン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000005-isd-game

ジャブローコーヒーとか‥。これは一度行ってみたいですね~。
実は未だに秋葉原は行ったことないです。

今度東京へ行くことがあれば、立ち寄りたいですね。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アトランチスの謎



今更ですが、「アトランチスの謎」の最短クリア動画を見ました。
おそらく今まで見てきた「アトランチスの謎」の中で、最も無駄のないプレイですね。
全100面のゲームを上手くワープして2分40秒ほどでクリア。
特に最終面のスター無しで弾幕の中を突き進みクリア。凄いの一言です。

でもこのゲームも「いっき」同様、腑に落ちない点が多々あります(苦笑。
エンディング(?)中もタイムが流れてタイムアウトで死亡とか…。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:ゲーム

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

センチメンタルファイターズ

sentie11.jpg

先月6日の日記で掲載した綾崎操VS松岡千恵の線画が完成しました。

全センチシリーズヒロイン異種格闘技トーナメント決勝戦、センチメンタルグラフティ最強の松岡千恵(右)と、センチメンタルプレリュード最強の綾崎操(左)のバトル。それぞれの最強というのは私の勝手な妄想ですが、まあこの二人が妥当かなと。

もともとは格闘的な構図の練習で描いた線画を修正して完成させた絵で、構図は「バトルの描き方」という本を参考にしました。
こういう感じの絵をもっと鮮やかに描けるようになりたいですね。

センチ関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |

いっき おんらいん

http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1004/08/news031.html

25年前の伝説のゲーム「いっき」がPS3でオンライン対戦ができる「いっき おんらいん」としてリメイクされ、2010年初夏発売予定だそうです。「いっき」はファミコンのゲームに時々見られたエンディング無しの無限ループゲーム。
一部にはクソゲー扱いもされているようで、今回のリメイクも意見が分かれそうですね(爆。

いっき(一揆)と称されつつ2人で城に殴りこむ農民「権べ」と「田吾」。
権べはなぜか「アトランチスの謎」にも登場していましたが、まあサン電子つながりでしょうか‥。ちなみにPS3版はダウンロード専売だそうです。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

碓氷峠を行く特急あさま



JR信越本線・横川~軽井沢間廃止前の映像を見つけました。
碓氷峠を補機EF63に押されて進む、特急あさまの前面展望です。
1997年に廃止され、今は長野新幹線が高速で走り抜けています。

碓氷峠の66.7‰という急勾配を走るには電車単独では不可能で、補機として電気機関車の力を借りて峠越えを行なっていました。廃止前に一度乗車してみたかったですね。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。