Sentimental History blog

センチファン「エルウィン」のブログです。 他にもゲームや鉄道、その他気の向くまま日記をつづる予定‥。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

冒険王版の復刻コミック

2011-02-27.jpg

ファーストガンダム放映と同時期に連載されていた、いわゆる冒険王版ガンダム。
最近その復刻版コミックが発売されたので、買ってみました。価格は1800円。
オリジナルに近い復刻ということで、アムロがギレンの演説の映っているモニターを叩き割るシーンも載っていました(笑。

この漫画のアムロはさわやか熱血好戦的な美少年で、新兵がよくかかる病気にもならずに戦い続けます。
ブライト、セイラ、リュウに対しては呼び捨て。
敵に対する二人称は概ね「きさまら」など、勇ましいです。

宇宙を駆けるゾックやズゴック、大気圏内を飛ぶグワジン、ムサイ。
ブライトが阿部高和。
ツッコミどころが多い分、退屈せずに楽しめます。

スポンサーサイト
日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |

Vガンイラストその3

vgun-3.jpg

Vガンダムのイラスト3枚目は、Vガンダムよりヴィクトリーガンダムです。通称V1。
練習がてらOPを参考に模写した後、色を塗ってみました。
模写でもロボットは難しいですね。
背景の宇宙空間で違和感無いように色を塗るのもいろいろと考えさせられましたが、いい勉強にもなりました。
V1は他のガンダムと比べてわりとシンプルなデザインなので、他に下描きしたZやF91よりは楽でした。

V1はガンダムタイプには珍しい量産型で、そのせいか劇中で破壊されるシーンも結構ありました。コアブロックシステムやビームシールドを巧みに使った戦術が見どころでしょうか。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Vガンイラストその2

vgun-2.jpg

Vガンダムのイラスト2枚目は、カテジナ・ルースです。
ガンダム三大悪女の一人とか最凶ヒロインなどと言われることもありますが、確かにあの変貌振りは驚きでした。
シュラク隊を全滅に追いやりオデロまで手にかけ、そしてまさかのラスボス。
放送当時のアニメ雑誌でも酷評されていたカテジナさん。
Vガンと言えば、カテ公を思い浮かべる人も多いでしょうね。

それにしてもカテジナ、年齢設定では17歳だとか。
初めて見たときは20歳くらいかと思ってました。
まあ冨野作品の年齢設定は妙な場合が多いです。ランバ・ラルとかキシリアとか(笑。

私事ですが、最近VガンダムのDVDを観直してます。
1993年のTVアニメで、初めて全話観たガンダムでした。
シリーズの中でも陰影の乏しい作画が特徴的でした。
絵を描くようになってから観ると、以前とは違う視点で見えてきます。

Vガンは宇宙世紀ガンダムでは最も未来の話で(Gセイバーは別として)、所々にZや逆シャアなど過去シリーズの名残が登場します。
そういえばベスパのパイロットスーツは、逆シャアでシャアが着ていたパイロットスーツと似ていますね。

音楽は素晴らしい曲が多かったりします。
実は初めてガンダムシリーズのサントラを購入したのもVガンダムでした。
当時まだ中学生でしたが(笑。
1993年頃からアニメを積極的に観るようになりました。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Vガンイラストその1

vgun-1.jpg

久々にガンダムシリーズのイラストです。
「機動戦士Vガンダム」より、シュラク隊のコニーさんとペギーさん。
シュラク隊ではこの二人は好きでした。

シュラク隊で最後まで生き残ったコニーさんも終盤に戦死。
結果的にシュラク隊は死亡率100%と壮絶でした。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

買い物

2011-2-10-11.jpg 2011-2-10-10.jpg

いくつかコミックや同人誌を購入してきました。
その中でもイカ娘がラオウ化した作品。
毎度おなじみのシリーズですが、こんなのが侵略してきたら人類に逃げ場なしですね。

TVアニメ「百花繚乱 サムライガールズ」のコミック版。
アニメ版は昨年のCS無料期間に何話か見ました。
美少女剣豪とか褌+さらしの女剣士などは良いのですが、実在した武将の名前をそのまま女の子に当てはめるのは違和感ありますね。
真田幸村とか後藤又兵衛とか。まさにカミーユの逆バージョン。
「男の名前なのに、何だ女か」と言われかねません。

それ以外は結構楽しめました。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

雪まつり

2011-2-10-3.jpg 2011-2-10-9.jpg
2011-2-10-4.jpg 2011-2-10-5.jpg

今日は休みだったので、買い物ついでに雪まつりを見てきました。
今年は第62回目で、様々な雪像、氷像がありました。
観光客も大勢見物に来ており、雪まつり開催期間は一年を通して札幌市が特に賑わう時期でしょうか。

雪まつり会場は数か所ありますが、今回私が行ったのは大通会場です。
この大通会場が最も有名であり、雪像、氷像の数も多いのではないでしょうか。
今日は平日なのに結構な賑わいでした。三連休はもっと混雑するのでしょうね。

個人的に目を引いたのは、サザエさんや初音ミクの雪像でしょうか。
サザエさんの雪像の方が巨大で多くの人が集まって見物していましたが(笑。
ねんどろいどのような雪ミクが可愛かったですよ。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

濡れる女剣士

saeko-1.jpg

今日のイラストは、学園黙示録の毒島冴子です。
冴子さん「濡れるッ!」のセリフがエコー入りで、すごく嬉しそうに言っていたので笑ってしまいました。

TVアニメ版「学園黙示録」最終話の第12話まで観ました。
要塞化した高城沙耶の実家に集結するも、ここにも「奴ら」(ゾンビ)の大群が押し寄せて‥。
高城沙耶の父親は原作では右翼団体会長だったのが、アニメでは旧藩主の末裔に変わってました。母親の声はハマーンです(笑。
音に反応し、数に任せて押し寄せる「奴ら」は恐ろしいものがありますね。

アメリカ、ロシア、中国が核ミサイルを発射したり、世界中で「奴ら」が大増殖したりでまさに世紀末な状態。
自衛隊のイージス艦は核ミサイルの迎撃に成功するも、米軍駆逐艦の艦内はすでに「奴ら」で満たされており、迎撃に失敗。
日本の大気圏上層で爆発した核ミサイルの影響で日本中の電子機器が使用不能に。
こうなると、やがて各インフラが無力化する&「奴ら」が大量にいる都市部よりも田舎や無人島、洋上空港に逃げた方が安全かも。
宇宙ステーションとか感染の危険はなさそうですね。原因が宇宙からでなければ。

結局ラストの締めくくりは「俺たちの戦いはこれからだ(キリッ」でした。
こういう終え方は消化不良というか、どうにも打ち切り、投げやり感があってあまり好きではないのですが、せめて第2期が制作されることを期待したいですね。
原作も含めて、まだ「奴ら」化の原因がまったく不明なままです。

それにしても冴子さんは、最後まで格好良かったです(笑。
12話のCパートで原作でおなじみの婦警さんも、少しだけ登場しました。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

鉄道本

2011-2-05-1.jpg 2011-2-05-2.jpg

鉄道むすめの画集や鉄道漫画などを買ってみました。
最近鉄道関連の本をよく見かけます。
鉄道ブーム再びでしょうか。

鉄道むすめも登場から5年以上経つそうで、50人以上の大所帯となっています。
また誰か鉄道むすめの絵を描いてみたいですね。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

芹沢琴音

kotone-3.jpg

今回描いたイラストは、TVアニメ「センチメンタルジャーニー」第3話に登場した芹沢琴音(26)です。
実は先月末には完成して先月31日に掲載予定でしたが、今日までネットに繋がらなくて掲載が延びました。

琴音さんのイラストを描いたのも数年ぶりな気がします。
掲示板アイコンの変更も兼ねて描きました。
少し胸が大きくなりましたが‥。
その上描くたびに顔が変わります。

一部で「黒髪のミ○トさん」とか言われているらしいくらい、エヴァの某人物と似ていることでも有名かもしれません。
CVも同じ三石さんですしね。まあ琴音さんの方が3歳ほど若いですが‥。

琴音さんは名前ありでキャラも立っており、一部ナレーションも兼ねるなど主要キャラ並みの扱いでした。
第3話限定とはいえ、視聴者にも印象深かったと思います。
この回は鉄道ネタも多くて楽しめました。

センチ関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |

モデムの不調

先月31日からADSLモデムの不調でネット接続ができませんでしたが、今日昼過ぎにようやく復帰できました。
4~5日間でもネット利用できないと不便ですね。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。