FC2ブログ

Sentimental History blog

センチファン「エルウィン」のブログです。 他にもゲームや鉄道、その他気の向くまま日記をつづる予定‥。

センチメンタルグラフティ発表から20周年

2016-7-13-02-1.jpg 2016-7-13-01-1.jpg
2016-7-13-04-1.jpg 2016-7-13-03-1.jpg

ギャルゲー&声優情報誌『Virtual IDOL』1996年9月号の記事です。

「1996年7月3日、東京・新高輪プリンスホテルで、セガサターン用新作ソフト『センチメンタルグラフティ』の発表会が行われた。
席上、声優オーディション企画『ボイス・チャレンジャー』の概要も同時発表」

『センチメンタルグラフティ』が初めて世間に発表されてから早くも20年が過ぎました。
ゲームの発売(1998年1月22日)からは18年半ですが、20年前の1996年7月には知る人ぞ知る謎の新作タイトルという印象でした。
登場ヒロインの内半数(6人)の声優は一般公募によって選ばれるというのも、当時珍しい試みだったと記憶しています。
今現在でも色あせないセンチヒロインの原点ともいうべき出来事でした。

ちなみに記事によると、当初ヒロインは方言交じりに話す予定だったそうです。
これは様々な問題から標準語に統一されたようですが、アニメ『センチメンタルジャーニー』では森井夏穂が大阪弁でした。
スポンサーサイト

センチ関係 | コメント:9 | トラックバック:0 |
<<永倉えみるの誕生日 | ホーム | リエ・ペトリヤコワ>>

コメント

発表から20周年ですか…私がセンチを初めて知ったのは各キャラのCD販売が全盛で、すでにファーストウィンドウが高値で販売されていた頃ですが…時がたつのは早いですね…
2016-07-16 Sat 14:23 | URL | H.Ⅰ.T [ 編集 ]
H.Ⅰ.Tさん、こんにちは。

センチの人気が急上昇したのは、1997年1月6日放送開始のラジオ『センチメンタルナイト』、同月末発売のSCD『センチメンタルラブ、雲の向こう』、4月発売のセガサターンソフト『ファーストウィンドウ』の頃からだと思います。
特にご存知の通り、『ファーストウィンドウ』は一時期1万円以上のプレミアム価格で取引され、センチヒロインの各CD発売によってセンチブームが確かなものになりました。
97年9月に小説『センチメンタルグラフティ~約束~』が発売されてさらに人気が高まった感がありました。
ゲーム発売前の各メディア展開が当時としては新鮮な企画だったのでしょうね。

それにしても20年前のキャラクターとは思えないほど、センチヒロインは洗練されていると思います。 特に甲斐先生のキャラクターデザインが素晴らしいですね。
2016-07-16 Sat 20:05 | URL | エルウィン [ 編集 ]
発表から20年。
役を担当した声優の方たちにも色々ありましたね。

■ 引退された方 ・・・・ 小田美智子さん
■ 引退されたと思われる方 ・・・・ 岡本麻見さん
■ 結婚された方 ・・・・ 豊嶋真千子さん、小田美智子さん、前田愛さん、満仲由紀子さん、岡田純子さん、牧島有希さん
■ 声優以外の分野にも進出された方 ・・・・ 鈴木麻里子さん ( ナレーター ) 、米本千珠さん ( 脚本家 ) 、前田愛さん ( 歌手 ) 、満仲由紀子さん ( ナレーター ) 、鈴木麗子さん ( 歌手 ) 、西口有香さん ( 舞台女優 )

など。
一番哀しいのは彼女たちが年老いていくことではありません。
それは声優として、芸能人として実力が洗練されていくわけですから、むしろおめでたいことと言えるでしょう。
年月の経過を経てもっとも哀しいと感じるのは、何らかの理由によって声優を辞めざるを得なかった方たちの無念さです。
私の中に 「 何時か戻ってきてほしい 」 という想いが強く在ります。
2016-07-17 Sun 20:37 | URL | yasutaka [ 編集 ]
本当に20年前のキャラクターとは思えないほど、センチヒロインは素晴らしいですね。
今でも夏穂、明日香、るりか、妙子は特に好きです。
2016-07-18 Mon 09:02 | URL | 甲斐うたまろ [ 編集 ]
yasutakaさん、こんにちは。

ジャンルは違えど、少なくとも元SGガールズの半数以上の方が現役で活躍されているようでなによりです。
元SGガールズのみなさんには引退されて久しい人や現役で続けられている方など様々ですが、いつの日かまたセンチヒロインの声を聴きたいという思いはあります。
2016-07-18 Mon 18:56 | URL | エルウィン [ 編集 ]
甲斐うたまろさん、こんにちは。

20年前は今にして思えば結構奇抜なデザインや設定のキャラクターが多かったように思えますが、センチヒロインは甲斐智久先生のデザイン効果もあるでしょうが、等身大的な親しみやすさが伝わり好感が持てました。
センチ1主人公とヒロインの子供の頃の交流や大倉らいた氏の小説、心に響く各センチソングなど惹かれる要素が多い作品でした。

何よりもたいていの作品には一人くらい苦手なヒロインがいますが、センチヒロインには苦手な娘が一人もいないのが良いですね。
多少の差はありますが、ヒロイン全員に好感が持てる作品はセンチ以外では中々ないです。
2016-07-18 Mon 18:56 | URL | エルウィン [ 編集 ]
「センチ1」発表会の前、俺はもう「卒業」ファンだから、当然 勝手に横浜派に成る。
でも、他のヒロイン達のプロフィールを調べたら、札幌派もサポートする。
そうしたら、高松派も京都派も「敵」に扱う。 (爆

因みに、今頃でもインターネットで見える「センチ1」応援店の写真は(多分)横浜派と名古屋派の応援店のみ、と思う。

横浜派応援店 = ヤマハミュージック 横浜相鉄ジョイナス店 (R.I.P. 2008/02/26) @ JR横浜駅の写真は俺のブログに。
photo.xuite.net/gamera_3000/13029881*5

名古屋派応援店 = Music Shop 中切 : アニメリア @ 名古屋市の写真じゃ其の店の公式HPに。
www.anime-area.com/ruricomi/ruricom.htm
2016-07-22 Fri 16:44 | URL | ガメラ [ 編集 ]
ガメラさん、こんばんは。

今はなき「センチ応援店」、特に名古屋の応援店のサイトは初めて見ました。
1997年から2000年まで、当時の熱気が伝わってきます。
今さらながら、当時地元(札幌)の応援店に行かなかったことが悔やまれます。
2016-07-22 Fri 19:59 | URL | エルウィン [ 編集 ]

俺は2015年6月、札幌と名古屋へセンチ巡礼に行った前に、札幌派応援店も考えた。

photo.xuite.net/gamera_3000/13029890*10

札幌派応援店は本の店岩本 平岸5条店でした。
正しい(!)アドレスは北海道 札幌市 豊平区 平岸5条8-2-10 1F.
R.I.P. 2009/02/15.

times-info.net/P01-hokkaido/C105/park-detail-BUK0024891/

今、其の場所は札幌市 南部市税事務所。

www.city.sapporo.jp/citytax/shizei_jimusho/nambu_topics.html

勿論、平岸エリアも「北へ。」聖地。 (笑
2016-07-23 Sat 23:44 | URL | ガメラ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |